男性保育士の先駆者、まあせんせいこと菊地政隆の公式ホームページです。東京都墨田区の私立認可保育園「すみだ川のほとりに笑顔咲くほいくえん」の園長でありながら、全国各地で講演会などを精力的に行っています。心を育てる保育「心育」実践中!

携帯サイトはこちら
菊地政隆facebook <随時更新中>
facebookが見れない方はこちらへ!!
あさか保育人材養成学校
トップ > ニュース

第12回 東北復興支援報告~2012年11月~

[2013年01月10日]
3/11に発生した東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方の
ご冥福をお祈り申し上げますとともに、
被災された皆様とその家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。
 
2012年11月。
東北復興支援に行ってきました。
 
その一部ではありますが、お伝えいたします。



゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・    


今回数えること震災後から、13回目の東北復興支援活動。

今回もたくさんの笑顔に出会うため東京を出発しました。
到着すると外はとても冷え込み、吐く息も真っ白な時刻は 22時半。

ホテルにて準備を整え明日の準備をし、子どもたちとの再会を楽しみに就寝し
翌日朝7時に盛岡を出発です。 



~1日目~



今回は大船渡市に照準をあわせて、各園をまわります。
9時半に大船渡市に到着し、まずは明日の午前中、コンサートをさせていただく
猪川保育園に挨拶をしにいきました。


そこからが各園を順番に猪川保育園、盛保育園、末崎保育園、立根保育園、蛸ノ浦保育園、赤崎保育園、日頃市保育園を1日で訪問してきました。


もう2回以上伺っている保育園ばかりで、今回は子どもたちにコンサートを2園で、 そして各園で園長先生はじめ先生方、子どもたちと交流をしてきました。

覚えていてくれる子どもたちも多く 「たのしくてファンだ~」「せんせいのうた、すき!」



どこの園に行っても喜んでもらえます。
園長先生には「小さな保育園にきてくれてありがとう!」と度々、言われます。
ほんとうに同じ保育園を運営する人間として、 今日までの園長先生方の3月11日からのご苦労。
 

本当に本当に・・・


まだ津波の跡が残る大船渡市。


本当に苦労が続いています。

いったいこの苦労を、どれぐらいの人が自分に置き換えて考えたことがあるのでしょうか。 

この時テレビからは報道番組が流れていました。
全国で選挙がありましたが、出馬する全員が被災地に行った経験があると信じます。


いまも被災地には被災者がいます。

被災者という言葉が早く過去になるように。

今日も一番最後に訪問した日頃市保育園の子どもたちが
テラスにまで出て見送ってくれました。













「またきてね~」「あしたもきてね~」「がんばってね~」

 

 


 

小さな保育園の、小さな子どもたちの中に、
大きな心を持っている未来の日本を造るであろう希望の光があります。

僕は後生に残せる思い出を子どもたちと共に積み上げること。

もっともっと日本が元気になるように。 

底辺から僕がやれることを精一杯やります。





~2日目~



目指すは岩手県大船渡市。
昨日に続き2日間連続です!盛岡から車で2時間30分。
猪川保育園に到着!!


保育園の保護者の方々に講和、その後親子向けのコンサートを行い
2部構成での講演を行いました。

保護者の皆さんに「子どもの心を育てるには」のタイトルでお話させていただきました。
途中、お母さん方の涙もみられ、本当に震災のなか一番頑張っていた親子が目の前にいます。

僕は少しでも力添えできたのでしょうか。。。
その後、子どもたちが入場!!

 

親子のコンサートのスタートです!!

 
 

 


 
 
子どもたちとお母さん、お父さんの笑顔で満ちあふれていました。
保育園を出るときにも手を振って見送ってくれる子どもたち。。。
本当に感謝です。

再び・・・元気をもらいました。

たくさんの人の支えにより、今回もたくさんの再会、出会いがありました。
この出会いから少しでも元気が生まれますように。。。


年度内は最後の東北になるかと思います。

また来年には東北の子どもたちの元気な顔を見に行こうと思い大船渡を後にしました。

 

関係者のみなさま、本当にありがとうございました。